虫の正体は回虫

2020年5月12日病院回虫

今日は疲れましてん

プッチのおなかの経過。
病院で薬をもらって次の日には下痢が止まりました。

それはよかったのですが、薬がきつかったようで4日目くらいに血尿のようなおしっこが出てびっくり!!
何度も何度もおしっこを絞り出す姿が可哀想でした;

薬を飲みきる前に病院へ行き、レントゲンとってもらいました。
他の病気ではなかったので薬を変え、様子を見ることに・・・
今度の薬はあってるようで、おしっこもすぐに普通に戻りました。
よかった~

と、思ったのもつかのま。
2日後のうんPにまたびっくり!
何やら動いているのです。

輪ゴムのような細長い虫が一緒に出てきました。
ヒーーーー!と卒倒しそうになりました;

ちょっと前に顕微鏡で見るくらいの虫やったのに、こんなすぐに大きくなったのか!?
後、何匹いるのか想像するだけで怖かったのですが、薬を飲み終わるまでは様子を見ることにしました。

次の日は発見されず。

その後2日間また出てきたのですが、死んでおりました。
「薬にやっつけられたな。」と素人判断で再診の今日になりました。

プッチくん、病院好きになってしまいました。
病院に着いたら自ら入っていきます。

ワンコが来たら向かっていくし。
どの飼い主さんにもすり寄っていくし。
延々とはしゃいでゼーゼー言って忙しかったです。

心臓発作で倒れやしないかこちらはハラハラ。
コーギーを連れた若いカップルさんに「なんとも言えん顔してるなあ~♪」と遊んでもらったり写真も撮ってもらってました。

フレブルってテンション高いからワンコには「なんだコイツ・・・」ってあしらわれるけど、飼い主さんには人気あったりしませんか?
プッチと散歩してると、よく笑われます。
いや、ニコニコ微笑まれて声かけてもらいます。
ありがたいことです。

んで、今日の再診の結果ですが虫はいなくなってるとのこと!
よかった~~♪

でも、念のためもう1週間薬を飲み続けることになっています。
輪ゴムのような虫は母犬からもらった回虫だそうです。

ワクチン接種の時に飲んだフィラリアの予防薬の中に回虫をやっつける成分が入ってたのにおかしいなあと、先生はバツが悪そうにされてました。

ま、こういうこともあるでしょう。
診察より愛想ふりまくのに疲れたプッチなのでした。

2020年5月12日病院回虫