お知らせ
11才からのブログは【こちら】で更新中です。

目の治療(6回目)

新年最初の診察へ。

今日から動物病院も始まったので患者さんもいっぱいでした。

寝起きはお目目もパッチリあいてるのですが、目薬をすると多少刺激があるようで↑写真のようなショボショボお目目になってしまいます;

涙やけもできちゃったねぇ(;_;)

まず体重は12.30kg
0.05減りました。

そしてお目目
血清の目薬をしてきたにも関わらず、治り始めているという感じではないようです。

血清で回復が早く治る傾向があるそうですが、プッチの回復力に元気がないみたい・・・

なのでこれからの治療も変わります。
1.血清は終了して、元の目薬に戻します。
2.医療用の犬のコンタクトレンズを入れます。

コンタクトレンズは、角膜の表面に少し凹凸を付けて常時装着するそうです。
局所麻酔で済むらしいけど、あまりにも暴れたりするようなら(軽い)全身麻酔をしないといけないそうです。
プッチん我慢強いから局所麻酔でがんばっておくれよ~~

気になる価格は1枚7000~8000円くらいだそうです。

コンタクトかあ・・・
嫌がらずにずっと着けてられるのかなあ??
余計悪くならないのかなあ??
麻酔大丈夫かなあ?

心配ごとが絶えません・・・

でもとにかく早く治したい!


<点眼薬の順番覚え書き>

①オフロキサシン(抗菌剤) 朝 昼 晩

②ティアローズ(非ステロイド抗炎症剤) 朝 晩中止

④アトロビン 1日1回 (朝)

【再開】③パピテイン(創傷性角膜炎、角膜潰瘍における角膜障害の改善) 朝 昼 晩

⑥自己血清  朝 昼 晩 何回でも可 中止

⑤ヒアレイン0.3%(乾燥を防ぐ) 1日何回も

あと、

痛み止め 朝
抗生物質の錠剤 朝と晩。

毎日飲んでる甲状腺の薬