目の治療 2回目

2020年4月9日日記

2日開けて目の再診へ。

今朝は目もそんなに開けづらそうにしてなかった。

でも顕微鏡?で見てもらうと、

まだ傷はあり

少し凹みも見られ

その傷を取り囲むように膜が張ってきているということでした。

膜を取り除くために局部麻酔(点眼薬)をし、目の表面に綿棒で膜を取る薬を塗ってもらいました。

診察中のプッチはほんとお利口さん。

動かず抵抗せずジッとして・・・

治療の合間のほうが誰かかまってくれないかとソワソワしとりました(^_^;)

凹みが見られ、膜が張ってきているので点眼薬 (↓一番右) が1つ追加されました。

image

左:オフロキサシン(抗菌剤) 朝 昼 晩

中:ティアローズ(非ステロイド抗炎症剤) 朝 晩

右:パピテイン(創傷性角膜炎、角膜潰瘍における角膜障害の改善) 朝 昼 晩

手前:ヒアレイン0.3%(乾燥を防ぐ) 1日何回も

あと、痛み止めと抗生物質の錠剤を朝と晩。

毎日飲んでる甲状腺の薬も。

放っておいたら悪化して失明することもあるっていうから

母さんはお薬係がんばるからね!

image

本犬は全くおかまいなしで元気が有り余ってます^^

それにしても

いつどこでどうして傷ができてしまったんだろう?

プッさん教えてよぉ

2020年4月9日日記